美容室密度

お洒落は身だしなみ。

と言われ、第一印象を左右するヘアスタイルは特に身だしなみの中でも重要です。

私たちにとってお金を出して身だしなみを整えてくれるサービスが受けられる美容室は生活の中で欠かせないものです。

人口の多い都会ほど、美容室の需要も多く、近年では美容室激戦区も続々と登場するほど、新しいサロンが増え続けています。

美容室 密度 - Google 検索

そこで地域別の人口に対する美容室密度について調べてみることにしました。

密度、というと都会がまず思い浮かびますが、意外にも美容室密度の高い地域は秋田や山形などの俗に地方と呼ばれる東北地方に集中しています。

上位を東北勢が占める一方、東京を含む首都圏、第二の都市である大阪や京都、名古屋など所謂都会と呼ばれる地域は驚くことに最下位争いをしているのです。

この驚く結果の理由を探ってみることにしましょう。

まず、第一に都会には単純に人口が多いということが挙げられます。

いくら美容室の数が多くても人口が多いと美容室の密度が低くなるのは確かです。

次に、田舎に案外美容室がある理由として冒頭にも述べたとおり、美容室は生活に欠かせないため、田舎にも必要になるわけです。

そこで都会で美容師の訓練を終え、地元に戻って自分のお店をオープンさせる人や、親が所有している空いた土地があることで都会より容易に独立できることなどが挙げられます。

以上の通り、人が少ない土地でも美容室は多かれ少なかれ存在し、都会とされる地域の方が美容室密度は低い結果となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>