知ってお得な美容情報

カラコンの豊富な種類

今大人気のカラーコンタクトレンズ。

この色のつけられたコンタクトレンズ、カラコンは今では多くの種類のものが開発され、研究も進められています。

カラコン - Google 検索 (2)

眼科や店頭のみならず、通販サイト(http://karakon-qunqun.info/)でも販売されているので手軽にカラコンを購入することが出来ます。

数多くあるコンタクトレンズのメーカーですが、中には人気のあるモデルや有名人とコラボレーションしてプロデュースされたものもあり、憧れの芸能人に近づけるということで購入する女性も急増しています。

ファッションアイテムの一つとして愛用している人が多いカラコンですが、そのカラーは豊富にあり、単色のみならず複数の色がグラデーションされて作られたものや、様々なデザインで縁どられたものや異なる形のものなどがあり、特に女性の愛用者が多いことから女性向けのカラコンが多く製造されています。

ひとくちに女性向けと言っても、またその数も多くあり、年齢やシチュエーションに合わせてカラコンを楽しむことができます。

大人の女性向け、若い女性向け、仕事や学校につけていける落ち着いた雰囲気のもの、パーティーや結婚式など華やかな場面で映える色合いのものなど、沢山のものがあります。

購入する際は、インターネットさえあれば24時間いつでも手軽に検索をすれば購入することができます。

またパソコンがなくてもスマートフォンでも通販サイトを検索すると簡単に見つけることができますので、ぜひ一度カラコン通販サイトを覗いてみてください。

アイラッシュを受ける前に

先日ついにアイラッシュデビューをしました。

アイラッシュ - Google 検索 (6)

渋谷のDeicyに予約を入れたのですが、初めてだということを伝えると電話で丁寧にサロンに行く前の注意点を教えてくれました。

アイラッシュをすると決めてどんな風につけてもらうかや、どんな目元にしたいかと施術後のことばかり考えていましたが、サロンに行く前にも色々と注意しなければいけないことを知りました。

まず、アイラッシュサロンに行く前にはアイメイクは綺麗に落としていかなければいけません。

サロンについた後、施術前に落とせるところも多いようなのですが、少しでもアイメイクが残っているとアイラッシュをつけた後の持続性に影響がでてしまうそうです。

そのため事前に家を出る前しっかりとクレンジングしていくことが重要です。

またビューラーの使用も不可。

まつ毛がカールしてしまっているとアイラッシュの装着ができないこともあるそうなので、素顔で来店してくださいとのことでした。

そして理由を聞くと納得でしたが、少し驚いたのがコンタクトを着けていってはいけないということです。

眼の周りの施術をするので、コンタクトを着けていると危険性が高いので外していくか、コンタクトケースを持参していかなければなりませんでした。

他のほとんどのサロンでもそうらしいのですが、事前にきちんとカウンセリングも行ってくれます。

眼の周りはアレルギーが出やすく、皮膚も薄いので傷がつきやすいです。

不安なことがある場合は、カウンセリングでアイリストさんに事前に相談ができるので良いですね。

美容室ではなぜリンスをしない?

美容室によく行く方も多いと思いますが、意外と知られていないのが、美容室ではリンスやコンディショナーを使っていないこと。

皆さんお家ではシャンプーの後に、リンスまたはコンディショナーで髪を整えますよね。

美容室でもシャンプーの後、リンスをしてもらっているのかと思いきや、美容室ではリンスって使ってないんです。

その代わりに使われているのがトリートメントだそうです。

美容室 トリートメント - Google 検索

そもそもリンスの役割って何なのでしょう。

シャンプーは髪の汚れを洗い落とし、綺麗にするもの。

リンスはその後につけて、シャワーで洗い流しますが、これは髪の表面に静電気が付くのを防止したり、手触りを柔らかくする役割を果たしています。

つまり、髪の表面だけをコーティングしている訳です。

それに対して、トリートメントは髪の内側から、髪全体を健康にする効果があります。

トリートメントには油分やたんぱく質が含まれ、髪に栄養を与えます。

つまりは、その後の効果としても髪にとってもリンスよりトリートメントの方が絶大なのです。

Balon新宿店Balon池袋店などの美容室でカラーリングやパーマをあてたお客様や、日ごろからコテ等を使い髪にダメージがかかってしまっているお客様にはリンスでなくトリートメントを使用して、ダメージ補修をしてくれるサービスを美容室では行っているのです。

こうして、リンスにプラスアルファの役割をトリートメントがしてくれるので、美容室ではシャンプーの後にトリートメントをする必要がない訳なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>